不眠症を治す漢方薬とサプリの違い

      2016/10/26

不眠症を治す漢方薬とサプリの違いについて

不眠症を治す漢方薬とサプリの違い

不眠症の対策として睡眠薬の服用やサプリメントの摂取だけではなく、漢方薬の服用も効果が高いと言われています。

睡眠薬と同じように漢方薬も医薬品というのがサプリとの大きな違いで、不眠症の治し方の一つです。

しかし、睡眠薬のように無理矢理眠らせる対処療法ではなく、身体全体のバランスを整えて体質改善を目指すことを目的にして作られました。

自然治癒力や抵抗力を高めて本来その人が持っている力を調整していくという考え方で、強制的に治していくような西洋医学とは違います。

医薬品成分が含まれている点では変わりないものの、サプリメントに近い形で自然な眠りを得られるような体質へと変化させて不眠症を解消できるのです。

快適な睡眠を得られる点では一緒ですし、睡眠薬と比較して副作用のリスクが少ないので身体への負担が少ないのは間違いないでしょう。

  • 引き起こされている病気を体質改善によって克服できる
  • 不定愁訴などの原因不明の病気にも高い効果が得られる
  • 健康的なライフスタイルを手に入れるサポートをしてくれる
  • 化学物質ではなく天然の生薬から作られているので副作用のリスクが少ない

このようなメリットが漢方薬にはあり、自分の体質に合ったものを服用して不眠症の治療をするのは選択肢の一つです。

とは言え、眠れないという悩みを抱えているのならばいきなり医薬品に手を出すのではなく、最初はサプリメントで様子を見ることから始めた方が良いかもしれません。

睡眠薬や漢方薬と比べて大きな効果や効能を得ることはできないものの、植物エキスの力で自然に眠れるような力を引き出してくれます。

当サイトでご紹介している北の大地の夢しずくは、大地のチカラを借りて完成された休息を促すサポート飲料なので、どのサプリを飲もうか迷っている人は一度試してみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

不眠症に効果が高い漢方薬について

ここでは、不眠症に効果が高い漢方薬を幾つかご紹介しています。

どの漢方薬を服用すれば症状の回復に繋がるのか、大まかに確認しておきましょう。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):不安や緊張を伴う不眠の症状に効き目がある
加味帰脾湯(かみきひとう):貧血や疲れやすい方の不眠症におすすめ
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ):胃腸の機能が弱めで神経が高ぶっている方におすすめ
酸棗仁湯(さんそうにんとう):心身が疲れ果てて弱っている人の不眠に効果的
黄連解毒湯(おうれんげどくとう):眠れない症状だけではなく頭痛や耳鳴りにも効き目がある
八味地黄丸(はちみじおうがん):中途覚醒タイプの不眠症に効き目があり、夜中にトイレに行きたくなる症状を抑える
加味逍遥散(かみしょうようさん):ホルモンバランスを整えたり更年期障害の症状を和らげたりという効果が期待できる

上記のような漢方薬が不眠症の対策として使われており、服用を続けることで少しずつ安全に体質を変えていくことができます。

錠剤は1日当たり150円~200円、エキスは1日当たり200円~500円、煎じ薬は1日当たり300円~600円と睡眠薬と比較し、少々高いコストを支払わなければなりません。

料金が高い代わりに得られるメリットは大きいですし、虚弱体質の人でも自分に合ったものを服用すれば安全に不眠症を治していくことができます。

しかし、不眠症には入眠困難タイプや中途覚醒タイプなど症状には違いがあり、どの漢方薬が自分の体質に合っているのか素人では正確に判断できないため、必ず専門医や薬剤師に相談して処方してもらってください。

 - 不眠症の治し方