不眠症を完治するには

      2016/04/19

不眠症が完治するまでの期間について

不眠症を完治するには

「不眠症は完治できるの?」「不眠症が完治するまでにどのくらいの期間がかかるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、正しい方法で治療していれば長い期間を費やさなくても完治できます。

「不眠症は不治の病だ」という意見はありますが、体質を変えて普通の人と同じような生活を送れるようになるのです。

ただし、睡眠薬を服用して眠ることができたとしても、薬を使っている間は完治したとは言えないので注意しましょう。

睡眠薬にはバルビツール酸系やベンゾジアゼピン系など様々な種類があり、効果の持続時間や副作用の強さなどが異なります。

どのタイプの睡眠薬が処方されるのかは医師の判断によって決まり、長期間に渡って服用するのではなく基本的には2週間(14日間)以内に抑えなければならないのです。

もし、1ヶ月間や2ヶ月間といった期間に渡って睡眠薬を服用していると、精神的に依存してしまうことが多いので注意しなければなりません。

  1. 医師から処方されている睡眠薬を服用し続ける
  2. グッスリ眠れるのを経験すると大きな安心感が得られる
  3. 安心感と同時に睡眠薬がないと眠れないという誤解が生まれる
  4. だんだんと効き目が薄れてきて効力を強くしなければならない
  5. 効力の強い睡眠薬を服用しても眠れないほど不眠症が悪化する

このような流れに陥ると不眠症を完治させるどころか、どんどん症状は悪化していきます。

睡眠薬を服用しても眠れないという状態は最悪なので、専門医の指示に従って減薬を考え、少しずつ薬に頼らずに眠れるような状態へと自分の身体を導いていかなければならないのです。

医薬品に頼ることなく毎日眠れるようになれば不眠症が完治したと考えられますし、本来の眠る力を蘇らせることができればそこまで難しい話ではありません。

もちろん、2週間という期間に拘って焦って不眠症を治そうとする必要は無く、医師の指示に従って自分の体質や症状に合った方法で改善していくことも大事です。

その正しい判断は素人では難しいため、不眠症を完治するには病院での治療が必要不可欠なのではないでしょうか。

睡眠薬の正しい服用で眠れない苦しみや辛さを和らげ、毎日の眠りの状態を記録する睡眠日記や睡眠に対する間違った考え方や行動パターンを見直す認知行動療法を同時に行えば、短期間でも症状を回復させられます。

そのサポートとして、当サイトでご紹介しているサプリメントの北の大地の夢しずくを摂取するのは効果的な方法です。

病院で治療しているのならば医師に相談した方が良いかもしれませんが、サプリメントは不眠症を完治させる補助的な役割も果たしてくれるので一度北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症の治し方