うつ病が原因の不眠症

      2016/12/10

うつ病が原因の不眠症について

うつ病が原因の不眠症

精神活動の低下や持続する悲しみなど気分障害の一種がうつ病で、ストレス社会と言われている現代ではそこまで珍しい病気ではありません。

うつ病を発症すると精神的に気分が落ち込むだけではなく、自律神経の副交感神経の機能が低下するので不眠症の原因に繋がると考えられています。

交感神経⇒日中に活動している時や緊張している状態で優位になる
副交感神経⇒休息している時やリラックスした状態で優位になる

上記の2種類を合わせて自律神経と呼んでおり、両方が上手くバランスを取ることで自分の意思ではコントロールできない発汗や血圧の上昇といった働きを担っているのです。

質の高い睡眠を得るには副交感神経が優位な状態になければならず、うつ病を発症していると自律神経が逆転して不眠症の原因に繋がります。

また、精神を中心とする生命エネルギーが全体的に低下し、睡眠欲や食欲、性欲といった生理的欲求も下がりやすいのも不眠症の原因の一つかもしれません。

眠れない状態が長期間に渡って続けば誰でもイライラしますし、更にストレスが加わりやすいのでうつ病の症状も悪化していくのです。

不眠症とうつ病の関係性について調べてみると、下記のような結果が出ました。

不眠の症状が先に出る:約40%
うつ病と不眠の症状が同時に出る:約30%
うつ病の後に不眠が生じる:約30%

このような関係性があり、「うつ病が原因で不眠症を患う」「不眠症が原因でうつ病を発症する」という2パターンが考えられます。

どちらにしても自然には解消されないケースも多いので、まずは重症化すると厄介なうつ病を治すための治療を積極的に行うべきです。

眠れないという症状はたまたまイライラしていたり興奮していたりという一過性の可能性があるものの、うつ病が重症化すると自責感や絶望感に苛まれて、「もう死ぬしかない」と自殺願望を抱くこともあるでしょう。

日本国内の自殺者は1年間で3万人を超えており、うつ病を発症して感情をコントロールできなくなったという人は少なくありません。

風邪のように毎日の生活の中で知らず知らずのうちに回復していくような病気ではないので、心療内科や精神科といった医療機関での治療は必須です。

ただ医薬品を服用していれば何とかなる病気ではなく、休養や睡眠、食事や運動などありとあらゆる角度での対策が必要となります。

そのサポートを行ってくれるのが医療機関で、「薬物療法」「休養療法」「認知行動療法」「対人関係療法」で改善を図っていくのです。

うつ病の症状が回復して正常な人と同じような生活を送れるようになれば、不眠症も和らいで眠りに関する悩みを抱えなくて済むのではないでしょうか。

本格的な精神病ではなく、眠れない状態が続いて軽いうつ状態に陥っているのならばサプリメントの北の大地の夢しずくをおすすめします。

うつっぽくなったからといって必ずしも病院で治療しなければならないわけではなく、根本となる原因が分かれば十分に対策できるのです。

心を落ち着けたり休息を促したりする成分で快眠をサポートしてくれるので、是非一度北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症の原因