ダイエットが原因の不眠症

      2016/12/10

ダイエットが原因の不眠症について

ダイエットが原因の不眠症

ダイエットと不眠症には関係性がないと考えている女性は多いものの、決してそんなことはありません。

身体に負担の加わらない方法ならばまだしも、無理なダイエットを続けていると不眠症の原因になるので注意が必要です。

実際に、ダイエットをしている女性の中で睡眠の悩みを抱えている方は非常に多いことが分かりました。

なぜダイエットによって不眠症の原因に繋がるのか、下記ではその理由についてまとめているので一度チェックしておきましょう。

  • ・厳しい食事制限で空腹の状態に陥り、覚醒のスイッチの役割を果たしている脳内物質のオレオキシンが活発化する
  • 眠っている間に起き上がって無意識で食べ物を食べる夢遊病や睡眠関連摂食障害を患いやすくなる
  • 大豆類や果物類に含まれているトリプトファンの摂取量が減少してイライラや不安を抑えるセロトニンが作られにくくなる
  • 無理な方法を長期間に渡って続けることでストレスが溜まって自律神経に乱れが生じる

空腹感や夢遊病、栄養不足など様々な原因によって不眠症のリスクが高まることがお分かり頂けたはずです。

体重を減らして理想の体型を維持するために女性にとってダイエットは欠かせない存在ですし、多少は無理をしたいという気持ちは分かります。

しかし、食事制限を中心にした方法は非常に危険で、下記のような弊害もあるのです。

  • 身体が摂取カロリーに対して変化して少ない量でも逆に太りやすくなる
  • 栄養バランスが乱れて新陳代謝が低下し、抵抗力や免疫力が落ちて病気を患いやすくなる
  • 肌の回復力が低下して吹き出物やニキビなどの肌荒れで悩まされる

肉類やジャンクフードを好きなだけ食べていれば痩せることはできないものの、無理な置き換えダイエットや糖質制限ダイエットは危険です。

確かに、消費カロリーよりも摂取カロリーを減らすのは効果的な方法ですが、私たちが生きていくために必要な栄養素が減れば体調不良のリスクが高まります。

不快な症状が続くことが原因で不眠症も悪化しやすく、余計にストレスが溜まってリバウンドしやすい状態に陥るので注意した方が良いでしょう。

無理なダイエットで痩せにくく太りやすい体質になったという女性は多く、以下の2種類のホルモンが深く関係しています。

レプチン:食欲を抑制する働きがあり、睡眠不足の人は分泌量が減少する
グレリン:脳の視床下部に食欲を増進させる働きがあり、睡眠不足の人は分泌量が増加する

つまり、ダイエットを成功させたいのならば不眠症を緩和させるとともに、食事制限だけではなく運動も同時に取り入れた安全な豊富を少しずつ行わなければなりません。

食事制限で炭水化物や脂質の摂取量を無理に抑えなくても、ウォーキングやジョギングといった運動を行って消費カロリーを増やしていれば身体に負担をかけずに痩せることができます。

そもそも、ダイエットは数日間程度で一気に体重を減らすものではなく、長い目で見てゆっくりと取り組むことが大事なのです。

もし、食事制限によるダイエットでストレスが溜まり、睡眠に関する悩みを抱えているのならば当サイトでご紹介している不眠症サプリの北の大地の夢しずくをおすすめします。

睡眠薬のような副作用は一切なく、自律神経の乱れを整えたりストレスを解消したりする成分が黄金バランスで含まれているのです。

睡眠障害で悩まされている方でも、少しずつスースーと満足のいく睡眠をとれるようにと身体の内側から促してくれるので、一度北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症の原因