不眠症を解消するハーブ

      2016/04/20

不眠症を解消するハーブをサプリで摂取しよう

不眠症を解消するハーブ

不眠症の解消に適しているのがハーブやアロマで、心地良い香りによって気持ちを落ち着かせたりストレスを発散させたりできるからです。

ハーブの力を借りて心地良い睡眠を得ている女性は特に多く、自然の植物の中には鎮静作用を持った種類が数多く存在します。

不眠症の原因は個人によって異なるので一概に説明できないものの、仕事で精神的なストレスが溜まったり不安や緊張で気持ちが高ぶって落ち着かなかったりという理由が多いのではないでしょうか。

1日や2日程度寝付きが悪くても不眠症を発症しているとは限らず、一過性の症状も多いので神経質になる必要はありません。

しかし、慢性的に続いている方は十分に注意しなければなりませんし、睡眠不足の状態が続けば日常生活で様々な支障が生じます。

そこで、様々なハーブや植物エキスの成分が濃縮されたサプリメントの潤睡ハーブがおすすめです。

  • アミノ酸が豊富なクロレラ
  • 休息をサポートする発酵ギャバ
  • 心の活力に繋がるラフマエキス
  • 入眠促進効果が期待できるクワンソウ

上記のようなハーブや植物が入っており、厳選された原材料を使用して作られた安全性の高い不眠症解消サプリとなっています。

医薬品のように不眠症の治療に繋がるわけではありませんが、副作用なく身体の内側から体質を改善するサポートをしてくれるので一度潤睡ハーブを飲んでみてください。

潤睡ハーブ

不眠症を解消するハーブにはどのような種類があるの?

以下では、不眠症を解消するに当たってどのような種類のハーブが良いのかご紹介しています。

個人の体質によってはアレルゲンとなるハーブもあるかもしれないので、妊娠中や授乳中の女性は特に注意しましょう。

オレンジピール:抗うつ作用や鎮静作用を持っていて不安や緊張を取り除いてくれる
レモンバーム:緊張や不安を抑える作用があり、胃腸の調子が優れない時にもおすすめ
カモミール:有名なハーブの一つで、心を落ち着けたり消化を促したりする
ペパーミント:胃腸の働きを促してくれるので胃もたれの時にハーブティーとして飲むと効果的
ラベンダー:心地良い香りで精神的なストレスを和らげて快眠へと導いてくれる
セントジョンズワート:鎮静作用や抗うつ作用があり、多少の苦味があるのが特徴
ローズマリー:血液の循環を促すので低血圧の人や頭痛持ちの人におすすめ
リンデン:甘くて優しい香りが特徴で、緊張緩和作用があるので入浴剤としても効果的
パッションフラワー:鎮静作用があるので不眠やイライラの解消として適している

上記のようなハーブが不眠症の解消に適しており、ハーブティーとして飲むのが一般的かもしれません。

「ポットとカップを温める」⇒「お湯を注ぐ」⇒「ハーブをポットの中に入れる」⇒「お湯を捨てて熱湯をもう一度入れる」⇒「蓋をして蒸らしてから飲む」という紅茶のような飲み方で美味しく頂けます。

ハーブティーとしてだけではなく、アロマオイルとして部屋の中で焚いて心地良い香りの空間を作るのも快眠には効果的です。

自分の好きな香りならば毎日の睡眠をサポートする存在になってくれるので、是非一度試してみてください。

 - 不眠症の解消方法