不眠症サプリの選び方

      2016/12/10

不眠症サプリの正しい選び方をチェックしておこう

不眠症サプリの選び方

このページでは、快眠を得るために不眠症サプリの正しい選び方についてご説明しています。

サプリメントは健康食品の一種ということで、内服薬や外用薬のような副作用はありません。

それでも、満足のいく効果を得るために正しい選び方を把握しておくことは大事なので、下記を参照してきちんとチェックしておきましょう。

休息を得られる成分がきちんと含まれているかどうか

不眠症サプリの選び方として、休息を得られる成分がきちんと含まれているかどうかは最も重要です。

どんな成分が含まれているかによって快眠効果は異なり、商品ページを閲覧してみて成分の説明がほとんどされていないようなサプリメントは避けなければなりません。

そこで、快眠をサポートしてくれる成分として代表的なものを下記では幾つか挙げてみました。

ギャバ:神経伝達物質として医療用の医薬品の中にも使われており、リラックス効果や安眠効果が得られる
トリプトファン:睡眠ホルモンのメラトニンに変化させるセロトニンを活性化する
バレリアン:気持ちを穏やかにして精神的なストレスを取り除く
グリシン:必須アミノ酸の一種で睡眠中の体温を下げてスムーズな入眠を促進する
クワンソウエキス:オキシピナタニンという成分に睡眠導入効果がある

どれか1種類が含まれていればOKというわけではなく、バランスを重視する必要があります。

あくまでも不眠症サプリは健康食品なので効き目に関しては劣りますし、複数の種類の快眠をサポートする成分が含まれていればそれだけ得られる効果を高められるというわけです。

「不眠症がサプリメントで良くなるはずがない」と思い込んでいる方はいるものの、快眠を得るための補助的な役割は十分に期待できます。

そのためにも休息を得られる成分が含有されていなければ意味がないので、当サイトでご紹介している北の大地の夢しずくを摂取してみましょう。

北の大地に秘められた癒しの力によって毎日のお休みをサポートしてくれる不眠症サプリとなっており、スティックタイプのコラーゲンゼリーのような形状が特徴です。

「眠れない」「疲れが溜まる」「朝にテンションが下がる」という方は、一度北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

アレルギー成分が含まれていないかどうか

上記でご説明した内容と少々被りますが、アレルギー成分が含まれていないかどうかも不眠症サプリの選び方として欠かせない要素となっています。

サプリメントによって成分や原材料は異なり、アレルギーを持っている方はアレルゲンが含有されているのかどうかチェックしなければなりません。

「植物エキスを使っている製品だから大丈夫」と考えている方はいますが、冬の終わりから春先にかけてくしゃみや鼻水で悩まされる花粉症も植物によって引き起こされるアレルギー症状の一つです。

ユリ:頭痛や吐き気を起こす
プリムラ:皮膚のかぶれが生じる
ヒヤシンス:触るだけでもかぶれが生じる
ドライフラワー:ほこりが溜まりやすくくしゃみが出る

このような植物がアレルゲンとなって不快な症状で悩まされるケースは多く、不眠症サプリを飲む前に全成分を確かめておかなければならない理由はお分かり頂けるでしょう。

鼻水が止まらなくなったり皮膚が痒くなったりすれば確実に快眠が阻害され、毎日のように続けば不眠症のような睡眠障害へと発展します。

サプリメントを飲んで症状の悪化に繋がっていては意味がないので、不安な方は成分の確認だけではなく販売会社へとメールや電話で直接問い合わせてみてください。

続けられる価格かどうか

「長期間に渡って続けられる価格かどうか」「コストパフォーマンスが良いかどうか」という点も、不眠症サプリの選び方の一つとなっています。

安ければ安いほど良いというわけではありませんが、どんな製品でも「継続は力なり」ということわざのように長い目で見て症状を回復させなければなりません。

マイスリーやハルシオンといった医薬品に該当する睡眠導入剤とは異なり、服用してから30分程度で何もしなくても眠くなるような効果はサプリメントにはないのです。

あくまでも毎日の睡眠をサポートするのが不眠症対策サプリの役割で、治療に繋がると促して健康食品を販売するのは薬事法で禁止されています。

つまり、1日や2日で変化を得るのではなく一定期間は続けなければならず、あまりにも料金が高ければ金銭的に厳しい状況になって続けられないというケースに陥るはずです。

あくまでも成分を重視しなければならないものの、コストパフォーマンスが良いかどうかも事前に確認しておきましょう。

 - 不眠症対策サプリの種類