不眠症と睡眠不足の違い

      2016/12/10

不眠症と睡眠不足の違いについて

不眠症と睡眠不足の違い

不眠症と睡眠不足を混同している方は多いものの、微妙に意味合いが異なります。

不眠症⇒眠たいのにベッドや布団に入っても眠れない
睡眠不足⇒眠れるのに夜更かしして眠ろうとしない生活習慣

このような違いがあり、不眠症が病気のなのに対して睡眠不足は間違った生活習慣のことを指しているのです。

とは言え、不眠症の状態が長く続けば自然と睡眠不足に陥り、生活の質が低下しやすいので大きく関係しているのは間違いありません。

私たちは個人によって最適な睡眠時間は異なるので、同じ天才でもエジソンは4時間睡眠でアインシュタインは10時間睡眠だったという話で有名です。

そのため、睡眠時間を増やして眠れば眠るほど体調が良くなり、不眠症の原因が取り除かれるわけではないので厄介な点だと考えられています。

ただの睡眠不足ならば夜更かしを我慢して眠る準備を早く整えるだけで解消されますが、不眠症の場合は寝たくても寝れない状態が続くので他の対策も同時に必要です。

そこで、不眠症の症状を改善するために、睡眠薬の服用を考えている方は多いのではないでしょうか。

確かに、寝付きを良くして熟眠感を得られる方法の一つとなっているものの、自然な眠りを得られるような方法ではないですし副作用のリスクもあるので当サイトでご紹介しているサプリメントの北の大地の夢しずくをおすすめします。

身体に直接植物から抽出された休息成分を送り込み、自然な眠りへと促してくれる健康食品なので是非一度北の大地の夢しずくを試してみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

どのくらいの睡眠時間がベストなの?

上記でも軽く説明しましたが、ベストな睡眠時間には個人差があるので一概には説明できません。

以前は1日に8時間は眠った方が良いと考えられていたものの、自分が日中に元気に動けるようならば5時間でも6時間でも問題はないのです。

アメリカ睡眠財団(NSF)の公式サイトによると、下記のように睡眠時間は年齢によって変化していくことが分かりました。

新生児:14時間~17時間
乳児:12時間~15時間
6歳~13歳:9時間~11時間
14歳~17歳:8時間~10時間
成人:7時間~9時間
高齢者:7時間~8時間

徹夜が続いていて睡眠不足の状態に陥っているのならば、年齢に関わらずとにかく眠って身体を休める必要があります。

しかし、通常の状態ならば無理に睡眠時間を伸ばすのではなく睡眠の質を高めなければならず、それが自然と不眠症の原因を取り除く形となるのです。

  • 音楽を聴いて聴覚を刺激する
  • ストレッチやヨガで体性感覚を刺激する
  • ホットミルクや甘いものを食べる
  • お風呂にゆっくりと浸かる

このような方法で睡眠の質を少しでも高めることができるので、睡眠の悩みを抱えている方は一度試してみてください。

 - 不眠症の原因