睡眠時間を削って不眠症を解消

   

不眠症を解消するために睡眠時間を削って熟睡感を高める

睡眠時間を削って不眠症を解消

何時間睡眠をとれば良いのか。
学者に間でも議論されており、人にとって最適な睡眠時間は何時間なのか、意見が分かれます。

一番適した睡眠時間、これは人によって様々なのです。
睡眠時間が短い方が良いのか、長い方が良いのかも人によって違います。

また、過ごした1日の内容によっても異なります。
日中にものすごく頑張って仕事や運動をすると、適度な疲れにより熟睡することができます。

深く短い時間で良い人は「短時間睡眠型」、逆に深く長く寝ないと熟睡感を感じない人は「長時間睡眠型」といいます。

「長時間睡眠型」の方は少し注意が必要です。
8時間以上眠っているにもかかわらず、起きた時の熟睡感が無かったり、なんだか疲れが取れていないと感じるときがあります。

それは、睡眠の「質」が悪いのかもしれません。

寝ようと思って布団に入っても、ダラダラとなかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、朝の目覚めが悪くてぐずぐずと起き上がれないことが多いのです。
このような方におすすめなのが、睡眠時間を意識的に短縮させることです。

睡眠時間制限法

睡眠が途切れ途切れで、夜中起きてしまう時間や、布団の中でぐずぐずと過ごす時間を睡眠時間からカットするのです。
例えば、8時間睡眠の人は、寝る時間を2時間ずらして6時間睡眠にしてください。

これが「睡眠時間制限法」と呼ばれる睡眠方法です。

最初の方は、なかなか起きれなかったり、睡眠不足を感じるかもしれません。
ですが、「睡眠時間制限法」を取り入れることによって、自身の体が制限された時間内で睡眠を深くしようとします。

こうすることで寝付くのが早くなり、夜中に目が覚めることも減り、熟睡感が高くなります。
理想は、布団に入ってから15分程度で寝付けると良いでしょう。
そして、朝は二度寝せずにパっと起きられる状態が目安です。

この状態の睡眠時間が、あなたにとって最適な睡眠時間ということになります。

モチベーションの高い人は、日々の生活にメリハリがあります。
短い時間で集中して効率よく働き、しっかりと睡眠をとり、目覚まし時計が無くても、スッと目覚めます。

夜遅くまで起きて、ダラダラとテレビをみたりしていると、睡眠時間もバラバラで生活リズムが崩れ、睡眠の質が落ちます。

睡眠は「質」が大事です。
睡眠時間が短くても、質の良い睡眠をとることを心がけてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症の解消方法