北の大地の夢しずくの正しい飲み方!過剰摂取はOK?

      2016/11/09

北の大地の夢しずくの正しい飲み方をチェック!

このページでは北の大地の夢しずくの正しい飲み方についてご説明しています。

正しい飲み方と言っても、サプリメントなので特に難しい話ではありません。

どのように続ければ良いのか詳しく見ていきましょう。

  • 北の大地の夢しずくを購入すると10gのゼリー状の液体が入ったスティックが30本届けられる
  • 1日に1本のスティックを就寝する30分前~2時間前に飲む
  • 開封してそのまま口にして飲むのもコップに移すのも良し
  • 7kcalしかないので糖分は少ないものの、歯磨きをする前がおすすめ

北の大地の夢しずくはほのかに甘い香りがするゼリー状のサプリメントで、グレープフルーツのような味がします。

  • 純粋におやつ代わりとしても食べられる
  • 想像以上に美味しかったので続けやすい
  • 香りや味が苦手な人は少ないと思う

上記のような口コミの評価を得ており、北の大地の夢しずくを飲み続けるのは苦ではありません。

味に敏感な方やお子さんでも続けられるほど安心の製品で、1日に1本を忘れずに摂取するという飲み方を続けるだけで良いのです。

配合されている成分がゆっくりと体内へと行き渡り、身体の内側から快眠へと誘ってくれます。

北の大地の夢しずくを過剰摂取しても良いの?

北の大地の夢しずくは医薬品ではなく身体に良い成分を凝縮したサプリメントなので、過剰摂取したとしても副作用は特にありません。

サプリメントは基本的に健康維持や健康増進の効果が期待できる食品ですし、お子様でも高齢者でも安心して飲み続けられます。

例えば、早く寝付きたいからといって睡眠薬を過剰摂取するのは本当に危険です。

  • ベンゾジアゼピン系でも非ベンゾジアゼピン系でも記憶障害が引き起こされる
  • 内服薬の中でも肝臓へと加わる負担が大きいので大量の服用で肝機能障害に繋がりやすい
  • 自分では薬の服用を止められなくなる精神疾患の幻覚や幻聴を引き起こす

睡眠薬の飲みすぎで死に至るケースは少なくても、用量を超えて服用していると身体には様々な障害が出ます。

サプリメントの北の大地の夢しずくであれば危険な作用はなく、穏やかな効果が期待できるので1日に2本や3本を飲んでも害はないのです。

しかし、身体へと加わる害はなくても、北の大地の夢しずくの摂取量と比例した効果を得られるわけではないので注意しましょう。

あくまでも快眠をサポートするための健康食品ですし、過剰摂取しても寝付きやすくなる効果は倍増しないのです。

  • サプリメントは北の大地の夢しずくに限らずパッケージや公式サイトで表記されている目安量を守る必要がある
  • 1日に1本を飲み続けることでゆっくりと自然な睡眠が得られるように誘発してくれる

このような特徴があり、間違った飲み方を続けていても意味がないと心得ておかなければなりません。

不眠症などの睡眠障害は焦ったところで1日や2日での改善は難しく、決められた量の北の大地の夢しずくで少しずつ自分のペースで体質を変える努力をしてみてください。

北の大地の夢しずくの詳細はこちら

寝る前に避けたい刺激物は?

どうしても寝たい時は北の大地の夢しずくの量を増やすのではなく、寝る前の刺激物の摂取を避けましょう。

ベッドに入る前のアルコールやカフェインは特に避けなければならず、その理由を以下ではまとめてみました。

アルコール

  • アルコールには緊張を緩和させる作用がある
  • 身体がポカポカとして温かくなるので寝付きは向上する
  • その代わりに飲酒の3時間後に成分が体内でアセトアルデヒドに分解される
  • 心拍数が上がって脳が覚醒するので夜中に目覚める原因となる

カフェイン

  • カフェインはコーヒーや紅茶に含まれるアルカロイドの一種
  • 脳を覚醒させたり睡眠中枢の働きを高めるアデノシンを抑制させたりする
  • 同時に副腎皮質刺激ホルモンのコルチゾールの分泌量が増えて興奮作用が起こる
  • 快眠が阻害される形となって寝付きが悪くなる

このような理由で寝る前のアルコールやカフェインはやめた方が良いと考えられています。

「寝酒が毎日の習慣」という方は少なくないものの、寝付きが良くなる代わりに睡眠の質が下がるので意味がありません。

間違った飲み物の選択で北の大地の夢しずくの効果が薄れるので十分に注意してください。

寝る前の食事も避けよう

「寝る前の食事=太りやすくなってダイエットの弊害となる」という図式は有名です。

これは都市伝説ではなく紛れもない事実で、食べたものが消費されずに余分なカロリーが蓄積されていくのが大きな理由となっています。

体重が増えやすいだけではなく、胃や腸が消化活動に勤しまなければならないので睡眠の質が低下しやすいのです。

胃腸による消化活動は身体を休める行為の弊害なので、夕飯だけではなくお菓子などの間食もできる限り控えた方が良いでしょう。

  • 睡眠状態の胃腸は活動が鈍っているのでダメージを受けやすい
  • 成長ホルモンの分泌が不十分になって肌荒れに繋がる

上記のデメリットもあり、快眠を得るために就寝の数時間前に食事を済ませておくのがベストです。

 - おすすめ不眠症サプリ「北の大地の夢しずく」