セロトニンを増やせる北の大地の夢しずく

      2016/11/11

セロトニンとはどんな物質?

セロトニンとは心のバランスを整える私たちに欠かせない神経伝達物質です。

ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、気分や感情をコントロールして抗ストレス作用を発揮してくれます。

睡眠に必要な幸せ物質だと言われており、セロトニンが増えれば精神が安定するので心地良い睡眠へと誘ってくれるのです。

  • ドーパミンやノルアドレナリンの分泌のバランスが崩れている
  • 暴走すると覚醒や興奮に繋がって自律神経の交感神経が優位となる
  • 休息モードへのスイッチが入りにくくなって睡眠が阻害される
  • セロトニンの分泌量を増やせばもう一つの自律神経の副交感神経が優位になる
  • 自然な眠りへと導く準備を整えてくれる

このような作用を持ち、睡眠ホルモンのメラトニンを生成する材料となるのも眠りに欠かせない存在だと考えられている理由なのではないでしょうか。

セロトニンを増やせる北の大地の夢しずくを摂取しよう

サプリメントの北の大地の夢しずくは、幸せホルモンのセロトニンを増やすことができます。

セロトニンを増やせるのは以下の2種類の成分が北の大地の夢しずくの中に配合されているからです。

クワンソウエキス:セロトニンから合成される睡眠ホルモンのメラトニンとの相乗効果が期待できる
GABA(ギャバ):脳内で抑制系の効果を持つ神経伝達物質で精神の安定化を図る

この2つはセロトニンサプリや不眠症解消サプリの中に含まれていることが多く、快眠へのサポート的な存在となります。

薬事法で認証された確かな薬効がある医薬品とは異なり、あくまでも健康補助食品なので不眠症を中心とする睡眠障害の治療効果はありません。

しかし、北の大地の夢しずくを摂取してクワンソウエキスやGABA(ギャバ)を取り入れ、体内のセロトニンを増やすことで自然な眠りへと導いてくれるのです。

他にも、休息成分誘発物質の北海道のアスパラガスや、心地良い眠りへと導くホップエキスといった天然成分がバランス良く含まれています。

安全な方法でセロトニンを増やして休息しやすい状態に導けるからこそ、北の大地の夢しずくはインターネットの口コミで高い人気を得ているのではないでしょうか。

体内でセロトニンが不足すると以下のような症状が引き起こされやすくなります。

  • 寝付きが悪くなる
  • 日中に眠くなる
  • 欲求不満になる
  • 疲れやすくなる
  • 頭がボーっとする
  • やる気が起きない
  • 注意力が散漫になる
  • 集中力がなくなる
  • 感情的になりやすい
  • 食欲不振に陥る
  • 落ち込みやすくなる

精神的な症状に加えて、頭痛や肩こりなど身体的な症状が出ることも少なくありません。

精神と大きく関わっている神経伝達物質なので、北の大地の夢しずくを飲んで身体の内側から増やせるように働きかけてみてください。

北の大地の夢しずくの詳細はこちら

セロトニンを効率良く増やす方法は?

北の大地の夢しずくなどのサプリメントを飲むだけではなく、以下ではセロトニンを効率良く増やす方法をまとめてみました。

日々の生活習慣に気を配ることで、分泌量を増やしたり働きを強めたりできます。

北の大地の夢しずくはあくまでも睡眠を促すサポート的な存在なので同時に実践してみましょう。

太陽が昇ってから沈むまでに光を浴びる

セロトニンを増やすに当たり、太陽が昇ってから沈むまでに日光を浴びるのはとても大事です。

  1. 毎朝一定以上の光を目から取り入れる
  2. 体内時計が自然と整えられる
  3. セロトニンが生成されやすくなる

体内時計が狂っているとメリハリのある生活リズムが崩れ、「日中は眠いのに夜になると寝付けなくなる」といった症状が引き起こされます。

体内時計を働かせるスイッチの役割を果たしているのが太陽の光なので、寝起きにシャキっとして1日を活発に過ごすためにもカーテンを開けて朝日を浴びましょう。

トリプトファンを含む食事を摂取する

トリプトファンは人間の体内で生成できない必須アミノ酸で、身体へとどのように働きかけるのかまとめてみました。

  • 5-HTPと呼ばれる代謝物質を経てセロトニンを生成する
  • 睡眠ホルモンのメラトニンを生成する
  • 皮膚や神経を保つナイアシンを生成する

これらの物質を効率良く増やす働きを持ち、毎日の食生活でバランス良く取り入れるのが大事なのです。

乳製品や大豆製品、ナッツ類といった食材にトリプトファンは含まれているので摂取はそこまで難しくありません。

しかし、偏った食生活を送る現代人は不足しやすく、北の大地の夢しずくの中にはトリプトファンは配合されていないので日々の食習慣を今一度見直してみてください。

適度な有酸素運動で身体を動かす

適度な有酸素運動で身体を動かすのはセロトニンを増やすために重要だと考えられています。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング
  • スイミング
  • エアロバイク

中でも上記のリズム運動がセロトニンの分泌と相性が良く、ストレスや緊張が解消されれば心が静まって落ち着きを取り戻せるのです。

ダンスや球技といったスポーツも健康のために必要ですが、セロトニンを増やす目的では適していません。

セロトニン神経の活性化には単純な動きを繰り返さなければならず、1日に20分程度を目安としてウォーキングやジョギングへと取り組んでみてください。

 - おすすめ不眠症サプリ「北の大地の夢しずく」