老人の不眠症

      2016/05/05

老人の不眠症の原因について

老人の不眠症

「お年寄りは起きるのが早い」というのは良く聞くことで、確かに赤ちゃんや子供と比較すると睡眠の質や量が変化します。

年齢を重ねると若い頃のように眠れなくなり、不眠症で悩んでいる老人は決して少なくありません。

そこで、以下では老人が不眠症を患う原因について幾つかまとめてみました。

  • 加齢によって睡眠効率が悪くなって時間の減少だけではなく夜中に目覚めやすくなる
  • 深い眠りのノンレム睡眠が少なくなるので朝早くに目覚める早朝覚醒で悩まされやすい
  • 不活発でメリハリのない日常生活を送っているとストレスが溜まりやすい
  • 身体を動かすことが億劫になって運動不足になりやすい

全ての高齢者が不眠症で悩まされているわけではありませんが、上記のような原因で若い頃と比べて睡眠は変化していきます。

加齢によって体力が低下したり白髪が増えたりという老化現象と同じように、睡眠も浅くなって深い眠りを得られにくくなるのです。

深い眠りが出現する割合を年代別にあらわしたところ下記のようなデータが出ました。

10代:39.6%
30代:21.4%
50代:17.4%
70代:1.8%

このように老人は若者と比べて眠りが浅くなり、これが不眠症の原因と言っても過言ではありません。

だからといって闇雲に睡眠薬を服用するのは危険なので、快眠サプリメントの北の大地の夢しずくの摂取をおすすめします。

神経に作用して無理矢理眠らせるような睡眠薬とは異なり、身体の内側から自然な眠りを誘発してくれる安全な健康食品なので、睡眠に関する悩みを抱えている高齢者は北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

さて、不眠症で悩んでいるご老人はサプリメントを飲むだけではなく、下記のような対策も同時に行ってみてはいかがでしょうか。

  • 室温や照度に気を配ってグッスリと眠れるように就寝環境を整える
  • 昼と夜のメリハリをつけるために日中に太陽の光を浴びる
  • 夜の睡眠を阻害しないために日中の昼寝の時間を短くする
  • ウォーキングやジョギングなど自分のペースで行える運動を行う
  • 毎日の食事の時刻を規則正しく整える
  • 脳を覚醒させるコーヒーや紅茶といったカフェイン飲料を避ける

不眠症の治療に繋がるというわけではありませんが、生活習慣に気を配ることで心地良く眠るためのサポートをしてくれます。

もし、自力では不眠症の症状を改善できないのならば、一度睡眠外来や心療内科といった病院を受診して専門医の意見を伺ってみてください。

 - 不眠症と年齢・性別