妊婦の不眠症

      2016/04/21

妊婦の不眠症の原因について

妊婦の不眠症

妊婦さんは不眠症の症状で悩まされやすく、妊娠している女性の78%が睡眠に関する悩みを抱えているというデータが出ています。

「身体は疲れているのにグッスリと眠れない」という妊婦さんは多く、その原因を下記では幾つか挙げてみました。

  • 妊娠によってホルモンバランスが変化して深い眠りが減って浅い眠りが多くなる
  • トイレが近くなる頻尿によって中途覚醒タイプの不眠症を発症しやすい
  • つわりで吐き気の症状が酷くなって気持ち悪くて眠れなくなる
  • 妊娠後期はお腹が大きくなって運動不足で身体が疲れにくくなる
  • 姿勢の乱れによって腰痛が引き起こされ、痛みによって眠れなくなる

このように様々な原因によって不眠症が引き起こされやすく、「無事に赤ちゃんが生まれるのだろうか・・・」という不安でストレスが溜まるのも要因の一つかもしれません。

普段とは異なる身体の状態になりますし、妊婦さんは他の女性よりも念入りな不眠症の対策を練らなければならないのです。

妊婦の不眠症の対策について

以下では、妊婦さんに適した不眠症の対策についてご説明しているので、一度目を通しておきましょう。

サプリメントを摂取しよう

妊婦さんはお腹の赤ちゃんの影響を考え、睡眠薬の服用は絶対に避けなければならないのでサプリメントの摂取が適しています。

不眠症対策サプリの摂取で身体の内側から体質を変え、自然な眠りを得るのが最も安全です。

当サイトでご紹介している北の大地の夢しずくには医薬品成分は一切含まれておらず、妊娠中の女性も授乳中の女性も摂取できます。

どうしても不安ならば北の大地の夢しずくを飲む前に、かかりつけの医師へと相談してみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

グッスリと眠れる環境を作ろう

妊婦さんに限った話ではありませんが、グッスリと眠れる環境を作るのは不眠症の対策として欠かせません。

  • 寝室の室温や湿度に気を配って最適な状態に整える
  • ゆっくりとお風呂に入って身体を温める
  • 寝る前に神経を落ち着かせるセロトニンを増やすホットミルクを飲む
  • 横向きで気持ち良く眠れるクッションや抱き枕といったグッズを使う
  • 運動不足の解消のために日中や夕方にウォーキングやエクササイズを行う

このように様々な点に気を配って対策を練ることにより、スムーズに寝付くことができます。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、「微熱が続く」「便秘や下痢が引き起こされる」「貧血やめまいが生じる」などありとあらゆるトラブルで悩まされるはずです。

その症状の悪化で不眠症の症状が悪化し、眠れない状態に陥っている女性は多いのではないでしょうか。

ストレスが溜まりすぎると余計に眠れないという悪循環を生むため、マタニティライフを辛いものにしないように普段の生活でリラックスやリフレッシュを心掛けてみてください。

 - 不眠症と年齢・性別