不眠症サプリは薬局で市販されている?

      2016/04/20

不眠症サプリは薬局で市販されているの?

不眠症サプリは薬局で市販されている?

不眠症サプリはドラッグストアや薬局で市販されているのかどうか、疑問を抱えている方は多いかもしれません。

マツモトキヨシやサンドラッグといった大手の薬局ならば幾つかの製品を取り扱っており、実店舗で気軽に購入できます。

そこで、どのような不眠症サプリが販売されているのか見ていきましょう。

すっとね:疲労回復効果や自律神経のバランスを整える効果を持ったアスタキサンチンをナノ化して吸収力を高めている
ぐっすりんEX:睡眠誘発効果が認められているオキシピナタニンを含有しており日本と国際特許を取得している製品
DHCのセントジョーンズワート:うつ病の改善が医学的に実証されていて感情を抑制する中枢神経に働きかけて睡眠を促す
DHCのバレリアン:ハーブのセイヨウカノコソウが含まれていて、リラックス作用が期待できる

どれもサプリメントなので催眠効果を調べた臨床研究はほとんどないものの、医学的に効能が認められた成分を含む製品は上記のように薬局でも購入可能です。

サプリメントのコーナーに他の製品と混じって置かれていたり、睡眠導入剤のコーナーに配置されていたりと店舗によって異なります。

不眠症サプリには副作用の類はありませんが、不安ならば実店舗で購入する前に薬剤師へと相談しておくのが良いかもしれません。

しかし、バストアップサプリや乳酸菌サプリといった製品と同じように、市販されている健康食品の種類は通販と比較して少ないのが現状です。

その理由について下記では簡単にまとめてみました。

  • 医薬品とは違って効果や効能を明記できないので消費者に上手く説明しにくい
  • メーカーはドラッグストアに対してマージンを支払わなければならない
  • 本当に品質の良い製品は通販で取り扱っている

不眠症サプリに関しても一緒で、ドラッグストアで探すよりもインターネット通販のみで取り扱っている製品を探した方が自分に合ったものを見つけられます。

当サイトでご紹介している北の大地の夢しずくは薬局で市販されておらず、通販のみの取り扱いなので公式HPで詳細をチェックしてみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

薬局で睡眠改善薬は市販されているの?

睡眠薬は副作用で悩まされる危険性があるため、心療内科や睡眠外来で医師から処方してもらわなければなりません。

しかし、抗ヒスタミン薬の催眠作用を強くして眠りへと誘導する睡眠改善薬は薬局で市販されており、短期間の不眠症に効き目があります。

どのような種類の医薬品を薬局で取り扱っているのか以下を参照してみましょう。

ナイトール:有効成分のジフェンヒドラミン塩酸塩が興奮を鎮めて眠気を促す
ドリエル:臨床試験を実施して約82%の睡眠改善効果があると認められた
ネオデイ:寝付きが悪かったり眠りが浅かったりという不眠症状に効果を発揮する

これらの睡眠改善薬は睡眠薬とは異なるものの、浅い眠りを誘発するだけなので深い睡眠が阻害されるという弊害があります。

不眠症サプリと違って睡眠の質自体を変化させるものではありませんし、睡眠薬と同じような副作用のリスクがあるので注意しなければなりません。

少なからず依存性があるという点でも一緒なので、自然な眠りを得たいと考えているのならば上記でご紹介した北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症対策サプリの種類