不眠症を治す睡眠薬とサプリの違い

      2016/10/26

不眠症を治す睡眠薬とサプリの違いについて

不眠症を治す睡眠薬とサプリの違い

不眠症を対策するに当たり、睡眠薬の服用やサプリメントの摂取が大まかな方法となっています。

同じようなものだと思っている方は多いかもしれませんが、睡眠薬は医薬品なのに対してサプリメントは健康食品という大きな違いがあるのです。

そこで、それぞれどのような特徴があるのか下記ではまとめてみました。

<睡眠薬の特徴>

  • 脳の中の中枢神経に働きかけてその日その日を眠りやすくするのが目的
  • 作用が強い薬は服用してから30分程度でウトウトしてくる
  • 依存性がかなり高く、服用期間が長いと薬無しでは眠れなくなるケースもある
  • 脱力感や吐き気などの副作用で悩まされることがある
  • 医薬品の効能で眠らせているに過ぎないので不眠症の根本的な改善には繋がらない

<サプリメントの特徴>

  • 劇的な効果は得られないものの自然な眠りを誘発してくれる
  • 植物エキスや栄養素しか含まれていないので副作用の類はない
  • 不眠症の治療には繋がらなくても症状の緩和は十分に期待できる
  • 医師の処方箋は必要なくドラッグストアや通販で気軽に購入できる
  • 長期間に渡って摂取していても医薬品ではないので依存性は一切無い

このような違いがあり、使用する目的が大きく異なるので「不眠症には○○○を飲むべき」と一概に決め付けることはできません。

もし、不眠症の症状が悪化して自分の力では全く眠れず、疲労が溜まって日常生活に支障が出ているのならば病院を受診して睡眠薬を処方してもらった方が良いでしょう。

しかし、上記でもご説明したように根本的な改善には繋がらないので、体質を変えて自然な眠りを得て不眠症を解消したいのならば当サイトでご紹介しているサプリメントの北の大地の夢しずくの方が適しています。

どのコースでも毎日無理なく続けられるコストパフォーマンスの良さが大きな魅力なので、北の大地の夢しずくを飲んで症状の緩和を図ってみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

不眠症を治す睡眠薬にはどのような種類があるの?

不眠症と一口に言っても幾つもの種類の医薬品が用意されており、効くまでの時間や副作用の程度に違いが生じています。

下記では、どのような種類の睡眠薬が日本で処方されているのかご紹介しているので、不眠症で悩んでいる方は一度確認してみましょう。

バルビツール酸系:非常に強い催眠作用があって眠りへと導く力が強力
ベンゾジアゼピン系:そこそこの強さで安全性も高いのでバランスが取れている
非ベンゾジアゼピン系:ふらつきや転倒といった筋弛緩作用のリスクが少ない
メラトニン受容体作動薬:睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を促す薬
オレキシン受容体拮抗薬:オレキシンの働きを阻害して眠りへと誘導する薬

作用が強ければ眠りへと誘う力も強いものの、それだけ副作用のリスクが高まるので自分勝手な判断で服用するのは少々危険です。

また、薬の効果が持続する時間によって下記のように分類することもできます。

3時間~4時間で消失する超短時間作用型:ハルシオンやマイスリー
5時間~6時間で消失する短時間作用型:レンドルミンやデパス
7時間~8時間で消失する中間作用型:ユーロジンやベンザリン
9時間~10時間で消失する長時間作用型:フェノバールやダルメート

例えば、短い時間で作用が消失する超短時間作用型の睡眠薬は、中々寝付くことができない入眠障害タイプの不眠症には最適です。

しかし、夜中に何度も目が覚める中途覚醒タイプの不眠症には適しておらず、個人の症状によって使い分けなければなりません。

自分勝手な判断で服用すると症状の改善には繋がらないので、専門医や薬剤師の説明やアドバイスをしっかりと聞き入れてください。

 - 不眠症の治し方