スマホが原因の不眠症

      2016/12/10

スマホが原因の不眠症について

スマホが原因の不眠症

私たちの生活においてスマホは欠かせない存在の一つで、電車の中で暇つぶしに利用したり職場の休憩中でいじったりと肌身離さず持ち歩くケースが増えました。

実はこのスマホの使いすぎが原因となり、不眠症を発症したり症状の悪化に繋がったりというリスクがあるので注意しなければなりません。

以下では、なぜスマホの使いすぎが原因で不眠症に陥りやすいのか、その理由をまとめてみました。

  • 就寝前に新しい情報を脳へと送ることによって緊張を司る自律神経の交感神経が刺激される
  • 画面を光らせるためのLEDライトが放つブルーライトにより睡眠ホルモンのメラトニンが抑制される
  • 朝日と似ている光を浴びることで人間に備わっている体内時計に乱れが生じる

上記のように、自律神経の交感神経が刺激されるのがスマホによる不眠症の原因で、眠りの質を高めるためにはリラックスを司っている副交感神経を優位にする必要があります。

寝る前に半身浴をしたりアロマを焚いたりという行為が快眠に良いと考えられているのは、緊張や興奮で活発になる交感神経を抑えて副交感神経が優位な状態を作ってくれるからです。

また、スマホだけではなくパソコンから発せられるブルーライトにも大きな原因が潜んでおり、朝日と同じように波長の短いこの光は散乱して目が疲れやすくなります。

しかも、小さな文字を手で操作しながら読まなければならず、その際に目の筋肉が緊張状態に陥るので不眠の原因に繋がるというメカニズムです。

「身体が疲れていて早く寝たいのにも関わらず脳が活発になって寝付けない・・・」という状態になることも多く、快適な睡眠を得たいと考えているのならば寝ながらスマホをいじるのはやめた方が良いでしょう。

特に、目が悪くて視力が低く、スマートフォンを顔に押し付けるような形で操作している方は注意が必要です。

アプリゲームをやったりSNSを巡回したりと使用方法は人それぞれですが、睡眠を妨害する光の強さは30ルクス程度と言われていて、極端に近づけているとこの数値に達します。

家の照明は500ルクス、コンビニの照明は1,000ルクス程度なのであまり神経質になる必要はないかもしれません。

それでも、不眠症の症状に何かしらの悪影響が繋がるのは事実なので、眠る1時間前からの使用はできる限り避けるべきです。

どうしても眠れないと悩んでいるのならば、睡眠薬に頼るのではなく不眠症対策サプリの北の大地の夢しずくを飲むのが適しています。

脳をリラックスさせて副交感神経を優位にしたり、ストレスを解消したりという成分が詰まった健康食品なので、一度北の大地の夢しずくを試してみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

さて、スマホが原因の不眠症を対策するために、ブルーライトカットメガネを着用するのも方法の一つとなっています。

現代人にとって情報を得たり交換したりという目的でスマートフォンは欠かせない存在で、寝る前に一切使用しないのは少々難しいかもしれません。

そこで、JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)といったブルーライトカットメガネを着用すれば、目の中に入ってくるLEDライトの量を減らせるので睡眠の質が妨害されずに済むのです。

ブルーライトカットメガネは不眠症だけではなく、下記のような症状を引き起こす眼精疲労の予防にも繋がります。

  • 目が疲れてショボショボする
  • 眼球の表面が乾く眼精疲労に陥る
  • 目が赤く充血する
  • 視力が落ちる(視力低下)
  • 目の奥が痛む
  • 目やまぶたが痙攣する
  • 吐き気や食欲不振に陥る
  • 頭痛や肩こりなど他の部位にも悪影響が生じる

目の疲れが眼精疲労の大きな原因だと考えられており、スマホの使いすぎによって引き起こされることも少なくありません。

「仕事ではデスクワークでパソコンを使う時間が長く、プライベートでは常にスマホを使っている」という状態の人ほど、上記のような症状が出る眼精疲労で悩まされやすいのです。

目だけではなく頭痛や肩こりにも繋がることがあり、身体に不快な症状が出ていれば不眠症は次第に悪化していきます。

このような負のスパイラルを避けるためにも、スマホの使い方を見直すとともに十分な睡眠をとれるような対策を行っていきましょう。

疲れ目にしても眼精疲労にしても毎日の睡眠で症状の緩和に繋がるので、質の高い眠りを自然な形で得たいという方は上記でご紹介したサプリメントの北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

 - 不眠症の原因