ストレスが原因の不眠症

      2016/12/10

ストレスが原因の不眠症について

ストレスが原因の不眠症

「眠いのに眠れない」「寝付くまでに時間がかかる」「夜中に何度も目が覚める」という不眠症の症状は、ストレスが原因だと考えられています。

日常生活の中で身体に加わる刺激のことをストレスと呼び、上手く発散できないと下記のようなメカニズムで睡眠サイクルが乱れて不眠症に繋がるのです。

  1. 仕事や学校など毎日の生活でイライラしてストレスが溜まる
  2. 脳が興奮してノルアドレナリンやドーパミンといった神経伝達物質が分泌される
  3. 大脳が熱を帯びて脳がいつまで経っても休めないような状態に陥る
  4. 不眠症を発症して日中の眠気や集中力の低下に繋がる

毎日の睡眠には疲労の回復だけではなくストレスを解消する働きがあり、イキイキとした健康生活を送るために欠かせません。

つまり、ストレスが原因で不眠症を発症して眠れない状態が続くと、余計に心へと負担が加わって負のスパイラルに陥りやすいのです。

「眠ろうと意識すればするほど眠れなくなる」というストレス性睡眠障害に陥っている現代人も多く、深刻な不眠症を発症してうつ病にも繋がるので注意した方が良いでしょう。

そこで、下記ではどのような原因でストレスが溜まりやすいのかまとめてみました。

心理的ストレス:将来への不安や理想追求など自分の感情によって生まれる
環境的ストレス:暑さや寒さ、気圧の変化など環境の変化によって生まれる
社会的ストレス:職場や学校生活など人間関係のもつれによって生まれる
化学的ストレス:花粉症やウイルスなどのアレルゲンによって生まれる
肉体的ストレス:病気の発症や長時間勤務によって生まれる
睡眠関係のストレス:睡眠不足や悪夢など眠りに関するストレス

人間が生きていくためには上記のようなストレスを感じるのは至って普通ですし、「楽しい」「嬉しい」という感情も身体に加わる刺激の一つです。

しかし、心や身体に加わる負の刺激があまりにも多すぎると、不眠症を発症する原因となるので今一度自分の生活を見直してみた方が良いかもしれません。

ストレスによる不眠症を解消するには?

このページではストレスによる不眠症をどのように解消すれば良いのかご説明しています。

一時的な症状だと甘く見ていると想像以上に長引いて生活の質を低下させる原因となるので十分に注意してください。

快眠を得られるサプリメントを摂取しよう

快眠を得られるサプリメントを摂取するのは、ストレス性の不眠症を解消する効果的な方法の一つとなっています。

不眠症対策サプリの中にはリラックス作用のあるテアニンや自律神経のバランスを調整するギャバ、緊張や不安を和らげるバレリアンといった成分が配合されているのです。

これらの成分を含む健康食品を摂取することにより、心が感じている不安を取り除きながら自然な眠りへと誘導してくれます。

もちろん、社会的ストレスや化学的ストレスは取り除くことはできないので、他の方法を使って解消できるように努力しなければなりません。

それでも、快眠サプリメントが毎日の生活のサポート的な役割を果たしてくれるのは事実なので、本格的な不眠症へと発展するのを予防するためにも北の大地の夢しずくを飲んでみてください。

新発想の『快眠サポート飲料』

加わるストレスに応じて解消方法を見つけよう

加わるストレスに応じた解消方法を見つけるのは非常に理に適っており、イライラが取り除かれて落ち着けば不眠症の症状は次第に和らいでいきます。

心理的な緊張や不安で眠れなくなるのはあくまでも一過性の不眠なので、この状態で対策を練っていれば本格的な不眠症へと発展することはないでしょう。

人間関係がもつれている⇒仲の良い友人や先輩に相談して話を聞いてもらう
花粉症の症状で悩まされている⇒抗ヒスタミン薬を服用したりマスクを着用したりする
将来への不安を感じている⇒自分の趣味の時間を長くしてリフレッシュする
病気を発症している⇒病院を受診して病気の治療に精を出す

上記のように、どのようなストレスを抱えているのかによって対策は異なるので、今の自分に適した方法を取ってみてください。

 - 不眠症の原因